カテゴリ:猫( 1 )
ご無沙汰です
本当にずいぶん時間が空いてしまいました

ここまで留守にするつもりはなかったんですが

相次いで2匹の猫が虹の橋に行きました

生まれたときから小さく

体力が持たなかったのだろうと獣医さんに言われたけれど

どうしてもっと早くに連れて行かなかったのだろうと

そればかりが心残りです

2匹とも旦那ちゃんを大好きでした

白黒の「にー」はもう起きあがる気力もなかったのに

旦那ちゃんが声をかけると

声にならない声で返事をし

いつものように膝にのってきて「お父さん」と言う目で

旦那ちゃんをじっと見つめて

早朝に旅立ちました。

黒猫の「おーちゃん」は生まれてすぐに危篤になり

何とか持ち直して1年頑張ってくれました

きっと、1年だけ幸せにしてくれようとしたのだと思います

「おーちゃん」も旦那ちゃんが帰ってくるまで頑張り

旦那ちゃんが声をかけると頭を持ち上げ

お帰りをして、真夜中に旅立ちました。

2匹とも、小さいときから病気がちで

そのたびに看病をしてきて

沢山いる子のなかの中でも

どうしても可愛くて、可愛くて、可愛くて

このブログの中でも写真を何枚も使ったりして

思い出が多すぎて、ブログを開くことさえ出来ませんでした

ここに越してきたとき最初に連れてきたのは「にー」

越してきて最初に具合が悪くなったのが「おーちゃん」

どこを見てもその子がいるようで

すみません

今暫く、ブログを再開することや

コメントを付けることさえ出来そうにありません

今日の文章もグダグダですみません

ただ、1つだけ救いは

「にー」が亡くなってすぐに夢に出てくれたこと

私が「にー」と呼ぶと

ものすごいびっくりした顔で見つめていました

そして、旦那ちゃんの仕事車で旦那ちゃんが「にー」を感じること

ふと横を見ると一緒に居るーといった風に乗ってるらしいです

後ろの荷物を取ったりするときも、いつも旦那ちゃんを見てるそうです

顔が柔らかい顔してたと言ってました

四十九日には行ってしまうのかなー と話してます

寂しいです

本当に

寂しいです

もうちょっと、時間を下さい

ごめんなさい
[PR]
by cooper2004 | 2006-06-10 13:38 |